お墓の管理費とは何か?

お墓の管理費については、区分マンションのような考え方をすると分かりやすいです。お墓の管理費は、墓地の共有スペース部分の管理を行うために必要になるお金です。つまり、マンションでいえばエントランスやエレベーターなどの共有スペースを管理するための共益費ということです。墓地の場合には、自分の家の墓前スペースは自分で掃除したり、整えたりしますが、共同で使う水道・緑地・休憩場所の管理は誰かを雇って行うのが普通です。つまり、管理費はこの部分に使われているわけです。ちなみに、管理費は永代使用権を手にした時点から発生します。なので、まだ未納骨の場合でも、管理費は納めなければならないとされることが多いです。民営の墓地の方が公営の墓地よりも管理費は高くなる傾向があります。また、永代使用権が高ければ高いほど、管理費も高くなるようです。

お墓にかかる費用について

お墓をたてる時に必要になる主な費用は、以下の3つです。永代使用料・墓石料・管理料、です。ちなみに、寺院墓地で檀家になっている場合にはお布施などの料金が別にかかります。管理料を除いた永代使用料+墓石料、の相場はだいたい200?500万円くらいです。永代使用権と墓地はセットになって売っていることが多く、その場合は墓石店で一緒に頼むことができます。これくらいの費用が、一般的な人の墓地の購入価格です。ただ、墓石の石質やデザインなどによってもだいぶ費用が異なります。購入する際には、墓石店の人とよく話し合って決めた方が良いでしょう。墓石を購入するときには、墓石のデザイン・材質・文字・付属品、を一緒に選んでいきます。全て決まったら、墓石の加工工事と、設置場所の周辺工事が同時進行で行われます。ちなみに、これらの費用は消費税の対象です。

お墓参り代行というサービス

インターネットが人々の生活に当たり前のように役立っている状況になって結構な年数が経っています。いち早くネットで事業展開した人の中には、かなりの利益を出して会社を大きくしていったケースも見受けられます。どんどんネット上にサービスや店舗が増えて、伸びる会社と淘汰される会社の二極化が進む中、ニッチな所に目をつけて成功した人達もいます。中でもお墓参り代行サービスは代表的なものと言えます。ネットでは世界とも簡単に繋がる事が出来るわけですから、国内の人と繋がる事は簡単です。代行サービスはネットを利用する事によって、急速に広まっていきました。お墓参りの場合、遠くに住んでいて高齢のため行けないと言う事もあります。それを解決したのがお墓参り代行サービスで、徐々に人気を博し世間の人に広く認知されるまでになりました。

一生に一度しか購入する事のない墓石、このたび国産墓石を特別料金で購入できるキャンペーンを実施いたします。 確かな技術とアフターサービスでお客様のお墓作りをサポート致します。是非一度ご相談ください。 大切なお墓づくりで失敗したくないお客様。 永代供養可能な霊園を10箇所以上ご案内しております。 当社は確かな技術とアフターサービスに基づいた「心のお買い物」、お墓づくり・墓地選びをご提供しています。 お墓の掃除もお任せください。